まとめ『幼稚園探し~入園までの流れ - 仙台版 - 』 はここをクリック

【認定こども園への申し込み】1号・2号・3号のヒ・ミ・ツ

基礎知識

こんにちは!かなこです。

 

前回は「認定こども園」ってどんなところ?をお伝えしました。

「幼稚園と保育所の良いとこどりな施設」だということがお分りいただけたかと思います。

 

「認定こども園」に入園しようとすると、避けて通れないのが「1号認定」「2号認定」「3号認定」という言葉。

聞きなれない言葉ですが、どんな意味を持っているのでしょうか?

認定こども園に申し込みをする際キーワードになりますから、しっかりと押さえておきましょう!

1号・2号・3号認定とは?

認定こども園に入園するためには、市区町村から利用のための認定(要は「入園できますよ!」のOKサイン)を受ける必要があります。

「お子さんの年齢と保育の必要性」によって以下の3つに分けられますので、しっかりと確認をしてから申し込みをしましょう。

 

1号認定 満3歳以上で保育の必要性なしの場合
2号認定 満3歳以上で保育の必要性ありの場合
3号認定 満3歳未満で保育の必要性ありの場合

 

かなこ
かなこ

ここでは、お子さんがどの認定に当てはまるかお考えください。

幼稚園として利用する場合は1号認定ですよ。

何号認定で申し込むかはっきりしましたか?

 

申し込み先と時期の違い

何号認定で申し込むかはっきりしたところで、申し込み先と時期についてお知らせしましょう。

申し込み先 4月入園のための申し込み受付時期
1号認定 入園を希望する認定こども園 幼稚園と同じ(仙台では11月1日頃スタート)
2号認定 市区町村 保育所と同じ(仙台では11月上旬〜12月上旬)
3号認定 市区町村 保育所と同じ(仙台では11月上旬〜12月上旬)

 

かなこ
かなこ

1号認定は幼稚園への入園申し込みと同じと考えてください。

2・3号認定は保育所入所と同様の方法で申し込みますから、保育が必要な状況を証明する書類が必要になりますよ。

 

入園許可が下りる時期

こちらも1号認定は幼稚園と、2・3号認定は保育所と同様だとお考えください。

 

かなこ
かなこ

2号認定・3号認定での入園が決まった場合、保育を必要とする時間によって「保育標準時間(11時間)」と「保育短時間(8時間)」の2つに分けられます。それぞれ延長保育(預かり保育)を利用できる時間が異なりますし、保育料も変わってきます。

 

「号」変更のヒミツ

実は私の娘たちは「認定こども園」に通っていました。

正確に言うと、通っていた幼稚園が途中で「認定こども園」に変更になったんです。

そこで私が実際に見た、「認定こども園に確実に入園させるべく、働くママたちがとった驚きのテクニック」がこちら。

1号認定で入園させてから、2号認定に変更する!!!

というもの。

 

かなこ
かなこ

もう4年以上も昔のことですから、今使える技かどうか定かではありません。

変更可能かどうかは園や市区町村にお問い合わせくださいね。

気をつけたいこと

1号認定で申し込みをして預かり保育を利用しながら働く場合、注意して欲しいことがあります。

それが2号認定と同じサービスが受けられないこともあるということです。

例① 2号認定のお子さんは土曜日も登園OKだけど、1号認定のお子さんはダメ!

例② 2号認定のお子さんの預かり時間は最長19時までだけど、1号認定は18時まで。

例③ 2号認定のお子さんは毎日給食が出るけれど、1号認定のお子さんは週1回はお弁当持参。

 

園によって異なりますが、こんなこともあるようです。

「こんなはずじゃなかった!」と後悔しないよう、事前にしっかりと調べた上で申し込みましょう。

 

かなこ
かなこ

1号認定と2号認定、同等のサービスが受けられる園もありますよ!

これまでは同等のサービスを受けた場合、1号認定の方がお金の負担が大きくなっていました。ただし今年度10月から始まる幼児教育無償化に伴い、共働き家庭では預かり保育の利用料金が安くなる見込みです。詳しくは「幼児教育無償化」ついに現実に!!をご覧ください。

 

まとめ

認定こども園のシステム、なかなか難しいですね。

私自身、理解するのにかなりの時間を要しました。

 

認定こども園を幼稚園として利用したい場合は園に直接申し込む。これが1号認定。

保育所のように利用したい場合は市区町村に申し込む。これが2・3号認定。

このように覚えていれば基本的にOKです!

 

かなこ
かなこ

1号認定か2号認定かで迷っている場合。

不要なお金を支払いたくないという場合は2号認定での申し込みがおすすめ。

「絶対に○○認定こども園に入れたい場合」や、「早い時期に入園を確定させたい場合」は1号認定での申し込みがおすすめです。