まとめ『幼稚園探し~入園までの流れ - 仙台版 - 』 はここをクリック

【体験談】退園後の幼稚園探しは大成功!「私が実際にした4つの事」

私の体験談

今回は【体験談】大失敗!幼稚園入園1ヶ月後に退園。原因は「私」のその後のお話。

さすがに続けては失敗できないので、2回目は慎重に幼稚園を選びました。

当時 、『私が実際にしたこと』をまとめましたので、是非ご覧ください!

幼稚園情報を集める

13年前はインターネットの情報もあまりなかった時代。

公園に行き、ママさんたちから幼稚園の情報を教えていただきました。

すると、近くにある幼稚園・園バスで通える幼稚園がわかりましたし、それぞれの幼稚園の特色もなんとなくわかるようになりました。

条件と優先順位を決める

前回幼稚園探しをした際に重要視していた条件は

  • 満3歳から預かってもらえること
  • 家から近くて送迎がラクなこと
  • 毎日給食があること

この3点でした。

その結果、後悔することになりました。

今回大切にした条件は5点。

前回の条件から消えたものが2点あります。

条件が変わった理由

なくなった条件一つ目は「満3歳から預かってもらえること」。

息子と赤ちゃんとの生活にも慣れ、育児ノイローゼからも解放されたので、満3歳で入園させる必要はなくなりました。

2つ目は「毎日給食があること」です。

前回入園させた幼稚園では毎日手作りの給食が出されたのですが、配膳にかなり手間取っているのを見ていたので、弁当持参でも良いかなと思うように。もちろん給食があった方が嬉しいですが、優先順位は下がりました。

 

では、今回の条件はというと・・・

①未就園児クラスがあること

息子は意外と恥ずかしがり屋だと知った私。

急にはお友達の中に入っていけそうにないので、未就園児クラスに通わせようと決心しました。

あと、私も知り合いが欲しかったので!!

②たくさん遊ばせてくれること

幼稚園でたくさん遊んでほしいと思ったのは、義理両親と姉の影響が強いかも。

3人とも教員で、幼少期はとにかくたくさん遊ばせるよう言われました。(理由も色々教えられましたが、よく覚えていなくて…機会がありましたらお伝えします。)

ちなみに私自信は両親が共働きだったので保育園に預けられており、たいした教育は受けていません。

だけど、小中学校では授業で困ることもなかったので(高校以降は除く)、息子に関しても幼稚園の間はたくさん遊ばせることを優先しました。

③送迎の負担が少ないこと

赤ちゃんが生まれたので、送迎に時間がかかるところはやめておこうと思いました。

自転車や車で送迎できる範囲にある幼稚園。

または園バスのバス停が近所にある幼稚園に限定して探しました。

④保護者参加行事が少ないこと

公園でいろんなママさんから話を聞いていると、「うちの子が行ってる幼稚園は保護者の参加行事が多いから、下の子を連れて参加するの大変で…」なんて聞くことも。

赤ちゃん連れの私は、保護者参加行事の多い幼稚園はやめることにしました。

⑤少人数の幼稚園であること

もともと人混みが苦手な私。

さらに大規模幼稚園は行事の際に場所取りなどで苦労すると聞きました。

時々のことだとはいえ、ワンオペ育児&赤ちゃん連れの私には厳しい…。

優先順位としては高くないのですが、少人数の幼稚園を中心に探すことにしました。

優先順位を決めた

この5つの条件は基本的に外せないものではあるのですが、この中でも特に「①未就園児クラスがあること」「②たくさん遊ばせてくれること」「③送迎の負担が少ないこと」この3点は必須条件としました。

また、④⑤の2点は多少譲っても良い条件としました。

幼稚園見学に行ってみた

細かく条件を定めた結果、たくさんある幼稚園からY幼稚園とM幼稚園の2つに絞ることができました。

実際に見学に行ったところ、こんな評価になりました。

X幼稚園 Y幼稚園
園舎の広さ・綺麗さ
園庭の広さ・遊具などの充実度
子供達の笑顔
先生方の表情・対応の仕方
先生の人数・年齢のバランス

Y幼稚園の勝利!!となったわけですが、ここで問題が発生。

Y幼稚園は未就園児クラスがいっぱいで、参加できないというのです。

こればかりは仕方がない(>_<)

月に一度開かれる「園庭開放の日」に遊びに行くことに決めました。

未就園児クラス&園庭開放に通う

当時、実は願書提出まで時間が少なくて悩みましたねぇ。

前幼稚園を退園したのが9月下旬。11月1日の願書提出日が目前だったんです。

そこで11月1日の願書提出は諦め、キャンセル待ち覚悟で未就園児クラス&園庭開放に通うことにしました。

 

やはり実際に遊ばせてみるのは大切ですね。

息子本人との相性を見るのにとても有効でした。

X幼稚園ではニコニコ静かに楽しんでいる息子ですが、Y幼稚園に行くと遊びがダイナミックすぎてついていけない…。

次第にY幼稚園よりもX幼稚園の方がお気に入りになっていきました。

 

また、一度見学に行っただけでは気付かなかったことも次第にわかるように。

園庭の狭いX幼稚園は、近くにある大きな公園に頻繁に遊びに行っている様子。

天気の良い日は毎日のように行くようでした。

一方、Y幼稚園は保護者参加行事が一切ないけれど、月に何度か手伝いに借り出されることがわかりました。

 

最後の決め手は「息子との相性」

こうして1月下旬、X幼稚園に願書を提出することを決めました。

決め手はやはり、「息子との相性」です。

X幼稚園の方がのんびりやの息子に合っていた様子。

顔見知りのお友達ができたのも良いポイントでした!

 

入園後

願書の提出は遅くなってしまったものの、X幼稚園には定員に空きがあったので、無事4月から幼稚園に通えることになりました。

そして入園後。

残念ながら、息子は私からすんなりと離れてくれませんでした。

けれどこの幼稚園は「お母さんがいなくなった後は笑顔で遊んでますから、大丈夫!私たちを信じて預けてください!!」という幼稚園。(こういう対応をする幼稚園が一般的らしいです。)

毎日のように泣く息子でしたが、2カ月もすると泣くことが少なくなり、笑顔で登園できるようになりました。

その後二人の娘もX幼稚園のお世話になりましたが、今や大人気の幼稚園になってしまったため、末っ子の入園は断念。

また一から幼稚園探しをし、違う幼稚園を選びました。

末っ子と幼稚園の相性はばっちり♪

みなさんも、私の失敗談&成功体験をお読みいただき、ご自身の幼稚園探しに役立ててくださいね!